HOME » 開業するならどれ?保育園の種類一覧 » 夜間保育園の経営

夜間保育園の経営

夜間保育園とはどのような施設か、開設・経営するにはどのような条件が必要なのかなどの情報をまとめました。

認可夜間保育園とは

夜間保育園とは、その名の通り夜間や深夜に子どもの保育を行う施設です。認可夜間保育園には専用の基準が設けられており、定められた開所時間は11時~22時。仕事などの事情で保護者が子どもを保育できない場合、夜間保育園が代理として預かり保育を実施します。

認可夜間保育園ができた背景には無認可のベビーホテルで起きた死亡事故があり、これを機に制度を見直したのがキッカケ。1981年に厚生労働省が夜間保育園を制度として認証し、モデル事業としてスタートしました。

夜間・深夜の保育で行う内容は園の方針や利用時間などによりますが、一般的な日中の保育とはやや異なります。主に18時以降は1日の疲れを癒す時間となっており、食事・入浴・休憩・睡眠が中心となっているようです。

認定夜間保育園の設置基準

認定夜間保育園の設置基準は以下の通りです。

入所対象 保護者の就労等で夜間の保育に欠ける児童
定員 20名以上
開所時間 原則11時間とし、おおよそ午後10時までとする。
設備基準
  • 仮眠をするための設備、その他夜間保育に必要な設備・備品が完備されていること
  • 既存の保育施設に夜間保育所を併設する場合は、直接児童の保育に使用する設備が専用のものであること。ただし、管理部門については運営に支障のない範囲で既存の設備と共用でも差し支えないこと。
  • 地域の事情に応じて分園を設置することが可能。
職員 施設庁は保育士の資格を保有しており、児童の保育に直接従事できる者を配置するよう努めること。
保育士は、児童福祉施設最低基準に基づいた所定の人数を配置すること。
設置経営主体 夜間保育は生活面への対応・個別のサポートが強く求められることから、児童の保育に関して豊富な経験を持っており、良好な成果をおさめていることが求められる。

認可夜間保育園を経営するための注意点

夜間・深夜の保育サービスを提供している認可保育園は全国でも数少ないのが現状。現時点で全国に81ヵ所しかなく、24時間保育を実施している施設にいたってはほんの6ヵ所に留まっています。保護者の勤務事情の変化や共働き世帯が増えたことで高まる夜間保育のニーズに応えているのは、現時点だとほとんどが認可外保育園となっているのです。

夜間保育と聞くと、「夜間に子どもを預けたりすると成長に影響が出るのでは?」と感じる方も多いと思います。しかし、1998~1999年にかけて行われた全国夜間保育園連盟と大学による共同調査によると、「夜間保育における子どもたちの心身に悪影響は見られない」という結果が出ています。子どもたちの健やかな発育は夜間・深夜保育といった保育形態ではなく、家庭における育児環境および育児への自信・サポートの有無が大きく関連していたと報告されているのです。

もちろん、夜間保育を避けることができるなら可能な限り避けた方がよいでしょう。しかし、さまざまなニーズに対応していく施設の存在も非常に大切です。夜間保育園を開業したいと思うなら、子どもを預ける保護者の気持ちに寄り添い、手厚いサービスを提供していくという理念が必要となるでしょう。

経営者注目の
小規模認可保育園の経営について見てみる>>

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.