保育園経営の実績が豊富な
FC事業・開園コンサル厳選集

新規に保育園の開業・経営を目指すとき、頼りになるのがFC事業・開園コンサル会社です。ここでは、豊富な保育園経営の実績とノウハウを持つ会社を厳選し、それぞれの特徴についてご紹介しています。注目の保育事業に参入し、成功したいだけでなく、本気で待機児童問題について向き合いたいと思う方の強い味方ですので、ぜひ相談・利用を検討してみてください。

スクルドアンドカンパニー

スクルドアンドカンパニーキャプチャ
  • 認可保育園
  • 小規模認可保育園
  • 認可外保育園
  • 夜間保育園

圧倒的な園児獲得力が魅力!

保育園のフランチャイズ(独立・起業・経営サポート)を請け負う会社。直営であるスクルドエンジェル保育園も展開し、低投資金額でFCに加盟できるよう複数のプランを用意。保育園経営の最大のポイントである開園時の園児獲得力に優れているのも特徴。開園後、短期間での黒字化を目指せるほか、小規模認可保育園の開業サポートも実施。保育事業を本気で考えている方には、信頼度が高いコンサル会社です。

グローバルブリッジ

グローバルブリッジキャプチャ
  • 認可保育園
  • 小規模認可保育園
  • 認可外保育園
  • 夜間保育園

保育と介護の融合を目指す会社

グローバルブリッジは、保育事業・介護事業の2事業を中心に、関東圏と関西圏にて事業を展開。とくに保育事業では待機児童数が問題となっている首都圏(東京・千葉・神奈川)と関西圏(大阪市)をメインに、認可保育園・小規模保育の施設を開設しています。直営の保育施設である「あい・あい」は、東京・千葉・神奈川・大阪に20園を展開。介護事業については高齢者介護と障害者介護に取り組んでおり、保育と介護を融合させた世代間交流を目指しています。

ちびっこランド

ちびっこランドキャプチャ
  • 認可保育園
  • 小規模認可保育園
  • 認可外保育園
  • 夜間保育園

全国展開で抜群の知名度が強み

ちびっこランドは、全国最大502園をフランチャイズ展開する保育園業界のリーディング・カンパニー。知名度も高いため、開業から高い認知度および信頼性を持って事業をスタートすることが可能となっています。保育園の開業に必要な知識・ノウハウは研修でしっかりと伝授、運営ツール・広告ツールなども本部がサポートしてくれるので安心。保育業界未経験の人でも、比較的スムーズに事業を始めることができます。開園後も、本部及び支部によるサポートを受けられます。

フランドル

フランドルキャプチャ
  • 認可保育園
  • 小規模認可保育園
  • 認可外保育園
  • 夜間保育園

専門家による開園サポートを実施

1983年から教育分野で事業を展開している会社。認可保育園・小規模保育事業・認証保育園・認可外保育園など、全国で数多くの保育園を開園してきた実績を持ちます。開園にあたっては、専門性の高いコンサルタントを専任で配置。保育園経営・運営に関するすべての分野について、戦略的なアドバイスが可能となっています。また、フランチャイズ式のサービスではないため、複数の園を開設しても追加費用の発生はなし。

ピノキオ幼児舎

ピノキオ幼児舎キャプチャ
  • 認可保育園
  • 小規模認可保育園
  • 認可外保育園
  • 夜間保育園

キメ細やかなフランチャイズ指導

サービスクオリティNo.1のブランドを目指すピノキオ幼児舎。フランチャイズ事業では、「自治体の補助制度を活用し、安定的な経営基盤をつくる」「コンプライアンスの順守を徹底する」など、基本方針に基づいた各種指導を実施しています。面接や採用方式、オペレーションの指導など、施設の運営に必要なオーナー研修もあるので安心。開設後も、ハイキング・運動会・発表会などのノウハウ提供など、サービスクオリティの維持向上に努めています。

2015年4月からスタートした
「小規模認可保育園」とは?

小規模認可保育園とは、2015年4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度の事業」の1つ。定員6~19名・対象年齢は0~2歳と、認可保育園に比べると規模が小さいのが特徴です。園児数が少ないため保育士やスタッフも子ども1人1人に目が届きやすく、子どもの性格・発達などに応じたキメ細やかな保育が期待されています。
認可基準も比較的ゆるく、認可保育所を設立するとなると開園までに2~3年は必要ですが、小規模保育園であれば4~5ヵ月ほどで開園が可能。小規模保育園として認可されると、年間で3,500万円前後の公的な補助金(自治体によって異なる)を受けられます。

種類によって異なる保育園の経営ノウハウ

保育園とひと口に言っても、その種類は認可保育園・認可外保育園・夜間保育園などさまざま。形態によって開業の条件・運営の仕方も違ってくるため、それぞれに合わせたノウハウが必要となります。

認可保育園

認可保育園

認可保育園とは、国の定める基準をクリアした児童福祉施設。公費によって運営されているため保育料が比較的安価ですが、運営の方法が細かく規定されていることがあります。安定した経営が期待できますが、認可外などに比べると自由度はかなり低くなると言えるでしょう。

詳しく見る

認可外保育園

認可外保育園

認可外保育園とは、何らかの理由で国の定める基準を満たせなかった施設のこと。公費の補助はありませんが、規制が比較的ゆるく他園にはないオリジナリティを出せるのが特徴。経営には、認可外だからこそ打ち出せるサービスを売りにしていく必要があります。

詳しく見る

夜間保育園

夜間保育園

夜間の保育を取り扱う施設。専用の基準があり11時~22時までの保育が可能となっています。夜間・深夜保育へのニーズは高まっていますが、サービスを提供している認可保育園は全国でも数少ないのが現状です(全国に81ヵ所・24時間保育は6ヵ所)。

詳しく見る

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.