保育園の経営・開業について相談するなら? » 開業するならどれ?保育園の種類一覧 » 認可保育園の経営

認可保育園の経営

国が求める基準を満たした認可保育園の特徴と設置基準などの情報、経営にあたっての注意点を解説しています。

認可保育園とは

認可保育園とは、国の定める基準をクリアした児童福祉施設のこと。施設の規模・職員数・調理施設などの各種設備・防災管理・衛生管理などの条件を満たしており、各都道府県知事の認可を得て経営しています。

入園するには、保護者が日中に仕事や通院などで子供に十分な保育ができない状態であることが条件。ただし、園児数に余裕がある場合はこの限りではないようです。

経営元には公立と私立がありますが、どちらも公費によって運営されているため保育料が比較的安価(家庭の収入によって保育料は変化)。申し込みは市区町村などの各自治体に対して行い、認められれば入園となります。

対象となるのは、0歳~小学校就学前の子どもです。

認可保育園の認可基準

認可保育園の認可基準は以下の通りです。

入所対象 乳児(1歳未満)~幼児(未就学児)
※ただし3歳未満児2割以上、2歳未満児1割以上とする
設置・位置 原則として2キロメートル以内に保育所がないこと
定員 60名以上
開所時間 1日につき11時間、保育時間は1日8時間が原則
建物・設備
基準面積
  • 乳児室またはほふく室:0歳児・1歳児の基準面積は1人あたり3.3m2以上
  • 保育室または遊戯室:2歳児以上は1人あたり1.98m2以上
  • 医務室:静養できる機能を有する、事務室等と兼用も可
  • 屋外遊戯室:2歳以上児1人あたり3.3m2(実際に遊戯できる面積)以上、園の付近にある公園・広場等を含む
  • 理室・便所:定員に見合う面積・設備を有する
職員
  • 保育士:0歳児・おおむね3人につき1人以上、1歳児および2歳児・おおむね6人につき1人以上、3歳児おおむね20人につき1人以上、4歳以上児おおむね30人につき1人以上
  • 調理員等:定員40名以下の施設は1名以上、定員41~150名までの施設は2人以上、定員150名以上の施設は3名以上の調理員を配置。施設職員による調理・提供する給食が原則。
  • 嘱託医:嘱託医を必ず設置する
費用 子どもの年齢・家庭の収入によって変化

認可基準がクリアしやすい
小規模認可保育園の経営についてチェック>>

認可保育園を経営するための注意点

認可保育園は公的な助成金が多いのですが、国で定められた基準よりも厳しい基準が各都道府県で設けられていたり、運営の方法が細かく規定されていることがあります。認可外などに比べると自由度はかなり低くなりますが、安定した運営が期待できます。

また、認可保育園の施設長には誰でもなれるワケではありません。以下のような条件を満たした人物である必要があります。

  • 年齢は原則として30~65歳未満であること
  • 健全な心身を有した人物で児童福祉事業に対する熱意があり、施設を適切に運営できる者

さらに、以下のいずれかの条件を満たしていることが必要です。

  1. 児童福祉事業に2年以上従事した経験がある
  2. 保育士の資格を持ち、実務経験が1年以上ある
  3. 社会福祉士もしくは社会福祉主事の資格を持っている。または社会福祉事業に2年以上従事した者(国または保育関連団体が実施する保育所長研修を受講・修了が条件)
  4. 前各号に準ずる者で、都道府県知事が適当であると認定した者(国または保育関連団体が実施する保育所長研修を受講・修了が条件)

一般的には認可外保育園の経営から始め、認可保育園にふさわしいとされる条件と実績を積んでいくことが大切と言えます。

いち早く認可保育園を経営したいのであれば、実績のあるコンサル会社に依頼をしたり、実績あるフランチャイズに加盟することで、「○○社さんがしっかり面倒を見てくれるのなら」といった形で認可が下りることもあるようですよ。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.