HOME » 保育園開業まる分かりガイド » 補助金

補助金

認可保育園の経営に支給される、公的な補助金の目安について解説しています。

認可保育園の補助金事情

認可保育園とは、児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設。公的な施設で国や自治体などから補助金が給付されており、それと保育料を合わせて施設の経営を行っています。

認可保育園には公立(市区町村が経営)と私立(個人や社会福祉法人などが運営)があり、どちらにも補助金が出ています。公立の認可保育園は、運営費のほとんどが補助金。保育園を管轄する各自治体は保護者から徴収した保育料に、年齢別に決められた額の補助金をプラスして各保育園に支給しています。

私立の認可保育園も公立と同様に補助金で運営していますが、経営元である企業によって補助金の額が異なります。これは東京都のケースですが、私立認可保育園への補助金は一般企業が運営する園よりも、社会福祉法人が運営する園の方が高額になっているのです。

認可保育園が受けられる補助金の目安

認可保育園の補助金は、保育している児童数によって額が決まります。公立の認可保育園では、年度初め(4月)時点の児童数で翌月の補助金額が決定するようになっています。

また、保育している児童の年齢によっても補助金の単価が異なります。その他にも施設の定員数や、職員の平均勤続年数によっても単価が変化。職員の平均勤続年数については、長く勤めている方の昇給に対応できるよう配慮した制度です。

ではここで、東京都の認可保育園で職員の平均勤続年数が10年以上の施設を例に、国から支給されるおおよその補助金額をご紹介します。記載しているのは、児童1人あたりの保育単価。

この中には、人件費・事務費・教材費・給食費などが細かく設定されています。年齢が低いほど保育単価は高く、年齢が上がるほど単価が低くなるのが特徴です。

児童1人当たりの保育単価
0歳児 210,000円
1歳児 135,000円
2歳児 135,000円
3歳児 78,000円
4歳児 69,000円
5歳児 69,000円

このほか、認可保育園には自治体からの補助金もあるため、1人あたま2~3万円の上乗せが期待できます。60名の認可保育園で各年齢の園児が10名ずつだとすると、毎月のおおまかな補助金の合計は以下の通り。

各年齢児童10人の認可保育園の補助金合計
0歳児 2,100,000円
1歳児 1,350,000円
2歳児 1,350,000円
3歳児 780,000円
4歳児 690,000円
5歳児 690,000円
合計 6,960,000円

月におよそ700万円の補助金が支給されることになります。自治体によって金額は多少異なりますが、しっかりとした経営プランのもとで誠実な運営を行っていれば、よっぽどのことがない限り経営難に陥ることはないでしょう。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.