HOME » 保育園開業まる分かりガイド » 設置基準

設置基準

保育園の開業・経営を目指すなら知っておきたい、認可保育所・小規模認可保育園の設置基準をまとめました。

認可保育所の設置基準

認可保育所とは、児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設。国が定めた設置基準(施設の面積・職員数・設備・衛生管理など)をクリアし、都道府県知事に認められた施設となります。

認可保育所には公立(市区町村が経営)と私立(個人や社会福祉法人などが運営)があり、どちらも公費の補助が受けられます

預かり対象となるのは、保護者が仕事もしくは病気などの理由で保育が難しい0歳~小学校就学前の子ども。入園の申し込みは各園ではなく、各自治体に対して行います。そんな認可保育所の設置基準は以下の通りです。

入所対象 0歳~小学校入学前の児童(2歳未満1割以上、3歳未満2割以上)
定員 60名以上
職員数
  • 0歳児おおむね3人につき1人以上
  • 1歳児および2歳児おおむね6人につき1人以上
  • 3歳児おおむね20人につき1人以上、
  • 4歳以上児おおむね30人につき1人以上
資格 保育士(保健師または看護師の特例あり・1名まで)
保育室等の設備
  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
給食

自園調理または委託

小規模認可保育園の設置基準

2015年度より施行された「子ども・子育て支援新制度」にて、新たに認可事業となった小規模認可保育園。地域型保育の1つで、少人数での保育を提供する保育施設です。

小規模認可保育園は3つのタイプに分類されており、それぞれ設置基準が異なります。

A型は認可保育所の分園からの移行を想定したもの。C型は家庭的保育者(保育ママ)のグループ型で、B型はAとCの中間型となります。

A型は保育者全員が保育士であり、B型は保育者の半数が保育士であればOK。C型に関しては、保育者すべてが無資格でもよいとされています(ただし経験や実績などの条件を考慮)

そんなさまざまなタイプを持つ小規模認可保育園の設置基準は以下の通りです。

小規模保育園 A型(認可保育所の分園型)の設置基準

入所対象 0~2歳児
定員 6~19名
職員数 認可保育所の配置基準+1名
資格 保育士(保健師または看護師の特例あり)
保育室等の設備
  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
給食 自園調理(連携施設等からの搬入可)

小規模保育園 B型(中間型)の設置基準

入所対象 0~2歳児
定員 6~19名
職員数 認可保育所の配置基準+1名
資格 職員の1/2以上が保育士(保健師または看護師の特例あり・研修あり)
保育室等の設備
  • 乳児室またはほふく室:0歳児および1歳児1人あたり3.3m2
  • 保育室等:2歳児以上1人あたり1.98m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
給食 自園調理(連携施設等からの搬入可)

小規模保育園 C型(家庭的保育者(保育ママ)のグループ型)の設置基準

入所対象 0~2歳児
定員 6~10名
職員数 0~2歳児3人につき1人(補助者を置く場合5人につき2人)
資格 家庭的保育者(市町村の研修を受けた保育士、保育士と同等の知識・経験を有すると認められた者
保育室等の設備
  • 乳児室またはほふく室:0~2歳児いずれも1人あたり3.3m2
  • 屋外遊技場:2歳児以上1人あたり3.3m2以上(保育所外の公園等を含む)
給食 自園調理(連携施設等からの搬入可)

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.