保育園の経営・開業について相談するなら? » 保育園開業まる分かりガイド » 保育園をつくりたい!開設方法とフランチャイズのメリットとデメリット

保育園をつくりたい!開設方法とフランチャイズのメリットとデメリット

待機児童が社会問題となっている現代、保育園のニーズは、高齢者の福祉施設と同じくらい不足しています。保育園の開設に資格は必要ありません。そのため、誰であっても条件さえ満たせば経営することができるのです。

だからと言って収益ばかりを追いかけることはできないため、フランチャイズへの加盟で安定した運営を図り、経営を軌道に乗せて下さい。

保育園開設までの道のり

保育園の種類

認可保育園を開設するか、認可外保育園を開設するかによって、国からもらえる補助金の割合は違います。当然のことながら認可保育園の方が有利で、保護者からの期待や信頼も高いでしょう。

ただ、自分が開設したい地域に、フランチャイズが対応しているかどうかにもよりますが、規模の小さい認可外保育園の方が早く具体化させることができます。

子育て支援制度によって市区町村に認可してもらう方法もあるため、どんな保育園にしたいか明確な指針を打ち出して下さい。

保育園を開設するための手続き

まずは、自治体の担当者に相談して情報の収集から始まります。申請にあたっては行政書士との打ち合わせや、自治体側からの調査や審査を受け、保育園として開設できる基準を満たしていれば問題ありません。

保育園の種類にもよりますが、開設する周囲の環境や地理的な制約、保育を目的として預かる定員、建物や設備、保育士の人数など運営する上での条件を確かめられます。

フランチャイズに加盟している場合、これらの手続きのほとんどを代行してもらえます。

  1. 担当者からのヒアリングと打ち合わせ
    フランチャイズでの保育園開業を検討しているなら、まずは専属のコンサルタントと面会し、ヒアリングを行うところから始まります。
    フランチャイズのシステムやメリット、デメリットに対する説明を受けた上で、自分が思い描く保育園の開業と運営に近いかどうかを見極め、話を先に進めるかどうか、さらに検討します。
  2. 話がまとまったらフランチャイズ加盟契約
    しっかり検討した上で、このフランチャイズで保育園を開業したいという医師が固まったら、契約を交わします。
    いよいよ本格的に開業に向けて動き出します。
  3. 事業収支シミュレーションや運営体制の決定
    保育園の運営について、事業計画を立てたり運営体制を学ぶなど、開業に必要な知識を習得します。
    フランチャイズで培ったノウハウをしっかり共有してもらえるので、不安なく開業に臨めるのはもちろん、不明点はいつでも相談できるのでとても心強いです。 フランチャイズで保育園を開業する大きなメリットはこの点だといえます。
  4. 開園地の検討と決定、契約
    保育園を解説する場所を探します。
    よりよい立地についてもフランチャイズ側でアドバイスをしてもらえるので心強いです。 良い物件が見つかったら契約に入ります。 保育所の開設については自治体に届けることが義務付けられていますが、これらの書類作成や手続きについてもフランチャイズ側で幅広くサポートしてくれます。
  5. 開園日や保育園名決め、その他準備
    保育園の建設と並行して、広告など線での準備や園内のレイアウト、必要な備品などについての準備を行います。
  6. 園長研修と人材確保
    保育園の運営に必要な知識や、保育に関する実習などの指導を受けます。
    これと並行して保育士の募集を行い、面接を実施してスタッフの確保を行います。
  7. 保育士研修と園児募集
    採用した保育士に保育指導や運営指導を行うことと並行して、園児の募集や面接などを行います。
  8. 開園
    いよいよ開園です。
    開園後も運営やトラブル対応についてしっかりサポートしてもらえますので、不安なことがあればなんでも相談しましょう。

フランチャイズのメリット

立地から人材育成までの幅広いサポート

フランチャイズに加盟すると、開園するために適した環境を調査してもらえます。工事費用や園内の設備、広告や保育士の実習など細かいところまで丁寧に指導してもらえるのです。

最近では、保育園の開園に反対の意見もあがっています。「子供の声がうるさい」「保護者の車が邪魔になる」という理由で地元の人に了承してもらえないような園では、将来的に長く続けられるとは思えません。

そんな状態にならないためにも、初期段階での確認と対応が求められるのです。

運営に関するノウハウ

どんなに立派な施設でも、園児を集められなければ経営が成り立ちません。その点フランチャイズでは、園児の募集や見学会にも対応してもらうことが可能で、開園までの負担は軽減されます。

また、開園後も本部からのサポートがあるため、売上や経費の問題、保育士の管理など、不安な材料を取り払って保育事業に集中することができるでしょう。フランチャイズならではの取り組みによって、個人で抱えることが少なくて済むのです。

資金調達の相談に乗ってもらえる

保育園の開業資金を実際に支援してくれるフランチャイズは少ないですが、保育園設立にあたり受けることができる助成金などについてのアドバイスを受けられます。 助成金の申請に手続きを代行してもらえたり、指導してもらえることもフランチャイズに加盟するメリットです。

安定した運営について支援してくれる

資金面でのトラブルが起こらないよう、安定した保育園運営を継続するために積極的な支援を提供してくれます。
まずは保育園運営でしっかり収益を出すことが重要ですが、これまで多くの保育園開業をサポートしてきた実績から、より有効なアドバイスを受けられるので心強いです。

フランチャイズのデメリット

オリジナルを作れない

個人で開園する場合は、すべてにおいて自由度があります。保育園の方針やマスコットキャラクター、園児の制服や設備に至るまで、自分の思い描くコンセプトに基づいた保育を目指すことができるでしょう。

フランチャイズに加盟している場合は、真っ白な状態から独自のものを生み出すことはできません。ある程度は融通を利かせてもらえるかもしれませんが、自分の思っているとおりには決められないのです。

何か思いついたとしても、本部への了解を飛び越えて動かすことはできません。

ロイヤリティーによる利益配分

ロイヤリティーの発生しないフランチャイズもありますが、多くは決められた比率が存在しています。いつまで引かれるのか。どんな配分になるのかはそれぞれですが、収益のすべてが自分の収入になるわけではありません。

ただ、個人で背負う複雑な初期投資に比べれば安心の目安とも呼べるため、一概にネガティブな側面だけを見て判断しないようにしましょう。

開業費用の支援がないフランチャイズがほとんど

フランチャイズに加盟すると、開業資金について支援してもらえるイメージがありますが、実際にフランチャイズ側で資金を支援してくれるケースは少ないです。
資金を捻出するためのアドバイスはしてもらえますが、資金不足の場合、最終的には自分で融資を受けるなどして資金を調達しなければならないので、フランチャイズのサポートは期待できません。

フランチャイズの意味がない状態でもロイヤリティを支払わなければならない

フランチャイズに加盟すると、当初の集客が見込めるなどのメリットはありますが、開業後にフランチャイズに加盟しているメリットは少ないといわれています。
開業後に自分の宣伝能力や口コミで園児が増え、安定した運営が見込めるようになった後も、ロイヤリティは毎月必ず支払わなければならないので、運営していく上で大きな負担になる可能性が高いです。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.