HOME » 保育園開業まる分かりガイド » 資格の有無

資格の有無

保育園を開業・経営するのに必要な資格についてまとめました。

保育園経営に必要な資格とは

保育園を経営するのに、保育士などの資格は必要ありません。保育業界での実務経験についても問われないため、まったくの未経験者でも保育園の開業・経営は可能です。実際に、保育系の資格がまったくないまま保育園を開業し、経営で成功しているオーナーも数多くいるのです。

何らかの資格を持った経営者の方が保護者に選ばれるというイメージもあるかと思いますが、これは絶対条件ではありません。保育にかける情熱・理念を持っているか、信頼できる人柄であるかどうかの方が重要視されると考えた方がよいでしょう。

保育施設自体には一定数以上の資格者が必要

保育園の経営者に資格は必要ありませんが、保育施設自体には一定数以上の資格保有者(保育士・看護師など)が必要です。とくに小規模認可保育園や認証保育所など自治体からの補助金・助成金の支給を受けようとする場合は、有資格者の設置基準をしっかりと満たす必要があります。

児童福祉施設最低基準第33条第2項では、保育施設における人員配置を以下のように定めています。この基準には必ず適合する必要があります。

人員配置基準(保育所)

  • 保育士、嘱託医、調理員の配置
  • 保育士の数
    0歳児3人につき1人
    1歳・2歳児6人につき1人
    3歳児20人につき1人
    4歳児30人につき1人

経営するにあたって覚えておきたい資格者の雇用

保育園の経営では、保育士資格を持っている人を基準の人数だけ雇用すればいいというワケではありません。保育を実施する時間帯で、資格者の複数配置が義務付けられているからです。

また、何らかの事情で保育士が休んだ場合でも、必要な人数でスムーズに保育ができる体制を整えておくことが重要です。

人数だけでなく、雇用する保育士の質も大切です。資格を持っていても、経験が浅いと子どものちょっとした変化を見逃したり、接し方がうまくいかずトラブルになる可能性もあります。

経営者が保育士等の資格を持っていない場合は指導などもしにくく、なかなか人材が育たないというデメリットも懸念されます。

こんなとき力になってくれるのが、保育事業のコンサル・フランチャイズです。保育園開業サポートの中には、保育士研修・電話対応・マナーなどを学ぶプログラムも含まれていますし、開園後も専門スタッフによるアドバイスを受けることができます。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.