HOME » 保育園開業まる分かりガイド » 開業資金

開業資金

保育園の開業資金について詳しく解説しています。

保育園の開業資金はどれくらい?

保育園事業は他ビジネスに比べると比較的低予算での開業が可能ですが、実際にどれくらいの資金が必要になるのでしょうか?保育園開業にかかる資金の目安と、その内訳について詳しくまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

保育園開業の際にかかる費用の目安

※施設規模20~30坪(園児定員20~30名前後)の保育園開業の場合

項目 費用 概要
不動産取得費
(賃貸保証金等)
100~150万円 不動産取得に関する費用は地域・立地・物件によって異なります。保証金や賃貸料を含め、経営に適した物件を選びましょう。ただし、保育園はどこにでも開業できるというものではなく、定められた設置基準・指導監督基準に適合した事業用物件を選ぶ必要があります
周辺の交通・治安・公園の有無・他保育園の稼働状況などしっかり調査することも重要です。
内装工事費 100~150万円 物件が決まったら、保育園にふさわしい内装にするため工事を行います。必要なのは工事費だけでなく、内装デザイン・素材・看板などの費用。こだわればこだわる分だけ費用も高くなるため、理想と現実のバランスを取りつつ内容を決めていきましょう。
子どもが過ごしやすく、保護者が安心して子どもを預けられる施設の実現が第一です。
備品・消耗品費 60~100万円 保育園で子どもやスタッフが使用する備品・消耗品代です。これには託児用品(おもちゃ・整理箱・絵本・おむつ入れ・園児用の椅子とテーブル)やお散歩用のカート、衛生的な環境を保つための掃除器具・消毒用品などが含まれます。
また、保育士・事務員・調理員などが使用する椅子・机・キャビネット・電話・パソコン・プリンター・デジタルカメラ・ロッカー・冷蔵庫・洗濯機なども必要です。
広告宣伝費 20~50万円 保育園の存在をアピールし、十分な数の園児・保育士を集めるための費用となります。園児を募集するために必要な広告費は、チラシ・パンフレット・ポスター・フリーペーパーやタウン誌への掲載料・ポスティング費用など。
安く上げようとすれば安くできる広告宣伝費ですが、仕上がりがイマイチだと保育園のイメージもイマイチになってしまうので要注意です。
また、魅力的で使いやすいホームページも広告宣伝ツールとして欠かせません。こまめに内容を更新したり、情報を発信することも忘れないようにしましょう。

開業資金についてのまとめ

保育園の開業には、トータルで500~600万程度が必要となります。意外と低い初期投資費用であることがお分かりいただけると思います。

しかし、各項目の費用は比較的低めではありますが、そのクオリティは高いものではなくてはなりません。1つ1つの選び方に保育事業を成功させるノウハウが必要なのです。

せっかくの投資費用をムダにしないためにも、保育園経営のノウハウを持ったフランチャイズやコンサルの利用をおすすめします。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.