HOME » 起業を考える人必見の介護・教育事業リスト » 幼児教育

幼児教育

幼児教育とはなにか、教室を開業するのに必要なものは何かなどの情報をまとめています。

幼児教育とは

幼児教育とは、小学校就学前の幼児に対して行う教育のこと。対象となる1~6歳くらいの子どもは成長が目覚ましく、この頃に受けた教育・経験によってその後の人格が形成されると言われています。文部科学省もこれに注目し、「幼児期における教育の重要性」を掲げています

幼児教育というと英才教育というイメージがありますが、学ぶのは学習だけではありません。遊びを通じて身体能力・好奇心・忍耐力・コミュニケーション能力を伸ばしたり、美的感覚・音感を育てるなど多岐にわたります。とくに近年では幼児教育への注目度が高まっており、質の高い教育内容が求められています。

幼児教育の種類

幼児教育とひと口に言っても、その種類はさまざまです。

知育系

知育とは、知能的な発達を促し知識を習得させるための教育。特定の分野(算数・国語など)に絞り込むのではなく、教育を通じて脳の発育を促進させるようなプログラムが多くなっています。一般的な知育法は、イラストやカードを使った数字・言葉の学習。遊び感覚で考える力や想像力を養えるため、知能・才能の発達に効果があるとされます。

外国語系

幼児期から外国語に触れることで苦手意識をなくし、語学力を高めていきます。歌や体操などを通し、ネイティブ講師と触れ合うプログラムが多くなっています。外国語といえば一般的に英語を指しますが、最近では中国語を取り入れた幼児教育も見られるようになってきました。

情操系

情操系の幼児教育はいわゆる「お稽古事」と呼ばれるもので、ピアノ・バレエ・スイミング・リトミック・体操・絵画・サッカーなどさまざまなジャンルがあります。幼児期は知識・技術の習得も早いため、早い時期からスタートすることでかなりの上達が見込めることも。

受験対策型

受験対策型は、幼稚園受験・小学校受験に対応した幼児教育です。受験に必要となる知識やマナー、運動能力を伸ばすことをメインとしています。子どもだけでなく、保護者に対しても面接対策などのレクチャーを行っています。

幼児教室と保育園経営、どっちがいいの?

幼児教育は「幼稚園・保育園ではなかなか学べないことを教えてもらう施設」という認識が強く、専門的な知識・技術の提供が求められています。

幼児教育として特別に子どもたちへ伝えたいこと・教えたいことがあるのなら別ですが、「子どもに関わる事業を始めたい」「子どもの健やかな成長を見守りたい」という気持ちで教育事業への参入を考えるのであれば、国や自治体からの助成金を受けられる保育園事業の方が安定した収入が見込めるでしょう

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.