保育園の経営・開業について相談するなら? » 【特集】運営時に知っておきたい保育園事情 » 保育園経営における保育目標

保育園経営における保育目標

保育園の保育目標について、保育理念や保育指針との違いや目標を立てる際のポイントについてご紹介します。

保育目標とは

保育目標とは園ごとに設定された目指すべき保育の目標のことです。具体的には園児がどのように生活し、どのように育っていくのかを示したもので、保育園で働く保育士たちは保育目標を軸として、クラスの指導計画を立てて実践しています。保育目標は保育園ごとに異なりますが、どの保育園にも共通するのは子どもが今を良く生き、望ましい将来を作るための力を養うことです。

『保育理念』『保育方針』『保育目標』の違い

『保育理念』『保育方針』『保育目標』は区別がつきにくいことが多いですが、全てに共通しているのは保育園を運営するうえで必ず設定するべき事項であることです。『保育理念』『保育方針』『保育目標』には、この保育園ではこのような保育をするということが記されています。

保育理念

保育理念とは、その保育園における最も根本的な考え方や理念のことです。「保育とはこうあるべき」という理想をわかりやすく示したコンセプトであり、どのような保育園を目指しているのかを提示したものと考えると理解しやすいでしょう。

またどのように社会貢献を行うかをはじめ、保育園を組織として捉えた場合のコンセプトとして保育理念を掲げている場合もあります。

保育目標

保育目標とは保育をするうえでの道標のようなもので、「〜を養う」「〜を培う」「〜を育む」のような形で表されることが一般的です。例をあげると「豊かな想像力を持つ人に育ってほしいから、子どもたちの感性を育むの保育を行います」などの保育目標があります。

保育方針

保育方針とは保育を行う際に目指すべき方向性を表し、抽象的に表現されていた保育理念を具体的なレベルに落とし込んだものです。 保育理念に近づくために、どのように進めばいいのかが具体的に示されています。保育園の意思表示と捉えられるため、ポリシーという言葉に置き換えられる場合もあります。

保育方針に似た言葉に『保育指針』がありますが、保育指針は外部から示されるガイドラインのことを指しています。保育指針といえば、厚生労働省から発表されるものを表すのが一般的です。このように保育方針と保育指針は似ていますが、異なるものです。

『保育理念』『保育目標』『保育方針』の関係性

『保育理念』『保育目標』『保育方針』の関係性をピラミッド型で表すと、保育理念は頂点に位置し、その下に保育目標が存在しています。さらに保育指針はピラミッドの頂点を目指す形で下から機能するものとなります。

保育において保育理念は理想を表したものなので頂点に位置し、保育目標は保育指針を利用して保育理念を達成するまでの途中段階に存在するのです。

保育理念・保育目標・保育方針を定める際に問題となるのは、それぞれの区別がつきにくいことです。目標を設定する場合、具体的な数字を用いるのが一般的ですが、保育の現場で数字を用いて目標を掲げることはほとんどありません。また保育園によっては細かすぎる理念を掲げたことで保育目標・保育方針との区別がつかなくなってしまっているのが、3者の区別がつきにくい原因となっています。

保育理念を設定する際は抽象的な表現になってもかまわないので、シンプルな言葉で表すのが良いでしょう。保育目標では保育によって目指す子どもたちの人物像を定め、保育方針では保育目標を経て保育理念に到達できるように具体的な保育の方法を決めます。

このように3つの内容に大きな区別をつけることでより理解しやすくなります。

年齢別の保育目標を設定する

保育園ではそれぞれの子どもたちの年齢ごとにさらに細かく分けた保育目標を設定されています。これは園児の年齢ごとに保育の狙いが異なり、保育目標は年齢に合わせて最適なものを立てる必要があるからです。

一般的には厚生労働省の『保育所保育指針』を参考にして、年齢ごとの保育目標を立てていきます。保育園全体の保育目標と年齢ごとの保育目標を照らし合わせて目標を立てることが大切です。

0歳児の保育目標

0歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは以下の保育指針です。

  • 十分に養護の行き届いた環境下での保育
  • 生活に必要な基本的な習慣や態度を身につける

0歳児は体や脳の発達が著しく見られる時期で、子どもの生活の確立が必要とされます。保育士とのスキンシップや体験を通して、身体と心の発育を促進させることが重要です。また0歳児は生活に必要な基盤を成長させる時期なので、個人の計画指導を立てるのが一般的でしょう。

1歳児の保育目標

1歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは、以下の保育指針です。

  • 人との関わりの中で関心や好奇心を養う
  • 心身の健康の基礎を培う

1歳児は身体の発達に伴い、関心や好奇心が現れる時期なので、生活のリズムや習慣も身につき始めるため、0歳児と比べて生活環境が広がります。

食事や睡眠などの基本的な生活以外にも、遊びや運動などから身につけることも増えるので、1歳児の保育では遊びによって興味や関心を育みながら身体を動かすことが大切です。

2歳児の保育目標

2歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは以下の保育指針です。

  • 人との関わりの中で、自主性や自律性、協調性を養う
  • 興味関心を育てて、心情や思考力の芽生えを培う

2歳児は自立心が芽生え、身の回りのことが少しずつできるようになる時期です。習得した言葉も増え、周りの友達との触れ合いが盛んになる時期でもあります。

子どものできることが増えるため、保育目標は今までよりも具体的な内容になるでしょう。子どもの代わりに保育士が行ってきたことを、子ども自身が自分で行えるような環境が必要です。子どもの自立とともに、興味関心を育てられるような保育目標を設定することが大切です。

3歳児の保育目標

3歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは以下の保育指針です。

  • 人に対する愛情や信頼感、人権を大切にする心を育てる
  • 周囲の環境に積極的に関わる姿勢を養う

3歳児は集団の中での生活に意識が向くようになります。好奇心や関心を持つものが増えることで、音楽や運動などの活動に積極的に参加する姿勢が見られる時期です。

個人の成長だけでなく、集団の中で必要な協調性や社会性を伸ばせるような保育目標が必要となるでしょう。保育士側からアプローチするだけの保育ではなく、子どもの自発性を重要視しなければなりません。

3歳児からは保育園の特色を出した保育をしやすくなるため、保育園全体の保育目標と照らし合わせるのが良いでしょう。

4歳児の保育目標

4歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは以下の保育指針です。

  • 言葉への関心や興味を高めて、相手への理解や言葉の表現力を養う
  • 集団での生活を楽しむ

4歳児になると生活に必要な身の回りのことはほとんど自分でできるようになってきます。心身の発達バランスがとれてくるため、友達や保育士との楽しい時間を共有できるようになるのが特徴です。

言葉への理解を深めたことで表現力も豊かになり、生活の中での活動もより幅広くなるので、子どもの興味や関心を重視した内容の保育目標を立てます。

5歳児の保育目標

5歳児の保育目標を立てる際に参考になるのは、以下の保育指針です。

  • 相手の話を理解して、自分の役割を判断する
  • 団体生活に必要な社会性や協調性を身につける

5歳児は身体能力や運動能力が高まる時期なので、就学準備として、団体生活の中では必要不可欠な社会性や協調性を身に着けなければなりません。

同時に相手の話を理解して自ら行動できる自主性も育まれるので、集団生活でのルールを覚えたり、年下の子への思いやりを培ったりできるような保育目標を立てるのが良いでしょう。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.