保育園の経営・開業について相談するなら? » 開業するならどれ?保育園の種類一覧 » 小規模認可保育園の経営

小規模認可保育園の経営

小規模認可保育園とはどのような施設か、経営に必要な条件にはどのようなものがあるのか、などの情報をまとめています。

小規模認可保育園とは

小規模認可保育園とは、平成27年4月よりスタートした子ども・子育て支援新制度の事業の1つ。認可保育園は定員60名となっているのに対して小規模認可保育園の定員は6~19人、対象年齢は0~2歳。これまで19名以下の小規模保育は認可外となっていましたが、子ども・子育て支援新制度では市町村の認可事業(地域型保育事業)となったのです。

認可保育所を設立するとなると、開園までに2~3年は必要ですが、小規模認可保育園であれば4~5ヵ月ほどで開園が可能となっています。

現在、待機児童の問題がクローズアップされていますが、待機児童の多くは3歳未満で都市部に集中しているのが特徴。大型の保育園を新設しにくい都市部でも小規模認可保育園であれば比較的作りやすいため、量的拡充によって待機児童が解消できるのではないかと期待されています。

小規模認可保育園として認可を受けると、認可外と比べて以下のような違いが出てきます。

  • 国が定めた基準に合わせた設備基準・職員配置が必要となる
  • 運営費・改修にかかる経費などの補助金を受けられる
  • 入所の申し込みは自治体が受け付ける
  • 自治体の基準に沿って入園者が選考される
  • 保育料は自治体が定めた金額となる(保護者の収入に応じる)

認可外と比べると制約は多くなりますが、公的な補助金の平均は年間で3,500万円前後となっています(自治体によって異なる)。

小規模認可保育園の設置基準

小規模認可保育園の設置基準は、国が定めた基準に沿って各自治体が定めています。ここでは、参考として国が定める設置基準をご紹介します。

小規模認可保育園は施設の形態によってA型・B型・C型に分かれているのが特徴。A型は認可保育所の分園型、C型は家庭的保育者(保育ママ)のグループ型、B型はAとCの中間型となります。

類型 A型
(認可保育園分園型)
B型
(中間型)
C型
(保育ママ型)
定員 6~19名 6~19名 6~10名
職員

資格
保育士
(保健師または看護師の特例あり)
半数が保育士であればOK
(保健師または看護師の特例あり・研修あり)
家庭的保育者
(市町村の研修を受けた保育士、保育士と同等の知識・経験を有すると認められた者
職員

配置
0歳児3人につき1人
1~2歳児6人につき1人
さらに+1人の保育従事者
0歳児3人につき1人
1~2歳児6人につき1人
さらに+1人の保育従事者
0~2歳児3人につき1人
補助者を置く場合は、0~2歳児5人につき1人の保育従事者(+補助者)
施設

設備
0歳・1歳児 1人あたり3.3m2
2歳児1人あたり1.98m2
0歳・1歳児 1人あたり3.3m2
2歳児1人あたり1.98m2
0歳~2歳児いずれも1人あたり3.3m2
※注意※

「小規模認可保育園」の基準は、待機児童解消のための国の施策として打ち出しているので、変化する(特に定員数)可能性があります。

小規模認可保育園を開業・経営するにあたっての注意点

小規模認可保育園は定員となる園児数が少ないため、認可保育園や認証保育園などよりもキメ細やかな保育ができるのがメリット。保育士やスタッフも子ども1人1人に目が届きやすく、子どもの性格・発達などに応じた質の高い保育が期待されます。

また、決められたプログラムに沿って保育を行うのではなく、預かる子どもたちの状況によって柔軟にプログラムを決めていくことができるのも強み。少子化につれて保護者の教育意識も高まっていますから、大規模園にないサービスを打ち出していくことが重要となります。

ただし、それを実現するにはきちんとした知識・技術・経験を持った保育士や専門家の雇用が必要不可欠。少人数ゆえに保育士の責任が重くなりやすいという一面もあるため、そういった部分を理解しつつ経営していくことが大切です。

小規模認可保育園は国が支援を打ち出している事業ですので、確度の高い事業と言えるかもしれません。しかし、まったく知識のない経営者が質の高い保育を実現するのはなかなか難しいことです。

保育事業を立ち上げ、成功したいと思うなら、専門的な知識を有するコンサルやフランチャイズなどのサービスを利用するのが賢明と言えるでしょう。

小規模認可保育園を開業するためのヒント

注目の保育事業である小規模認可保育園の開業には、以下のようなメリットがあります。

  • 施設整備に関する補助金を受けられる
  • 施設開設までの家賃補助を受けられる
  • 金融機関からの融資・資金調達のハードルが下がる
  • 入所の申し込みは自治体が受け付けるため、園児を募集する必要がない
  • 認可保育園とほぼ同等の保育料なので利用希望者が多い
  • 開園と同時に定員(19名)を満たすことも不可能ではない
  • 自治体からの認可を受けているため社会的信用度が高い

と、社会的・経営的にもさまざまなメリットが挙げられます。しかし、小規模認可保育園の財源は税金となるため、誰にでも簡単に認可が下りるわけではありません。

認可を受けるためには、自治体から選定されるための知識とノウハウが必要なのです。そんなとき心強い味方となってくれるのが、認可を受けるノウハウを蓄積している、コンサル・FC会社なのです。

小規模認可保育園は新しい事業のため、まだ対応していない会社が多いのですが、このサイトでおすすめしている会社の中に、小規模認可保育園開業専用のパッケージを提供している会社があります。

小規模認可保育園採択サポートがあるスクルドアンドカンパニー

スクルドアンドカンパニーは、保育園のフランチャイズ(独立・起業・経営)を徹底サポートする会社。直営で複数の認可保育園を経営しているほか、小規模認可保育園についても2016年4月1日の時点で全国に13施設の開園実績を持っています

この実績をもとに、スクルドアンドカンパニーでは小規模保育事業採択サポートを新サービスとして提供しています。

スクルドアンドカンパニーのコンサルタント詳細

スクルドアンドカンパニーの強み
  1. 群を抜くマーケティング力
  2. 専門性の高い物件開発力
  3. 独自のノウハウによる強力な園児募集手法
  4. 認可/認証保育園を多数手がけた一級建築士による内装設計・施工技術力
  5. 開園後のフォローアップ
開園実績(フランチャイズ園を含む)
認可保育園 小規模認可保育園
4園 13園
開園後のサポート
  • 保護者対応のコミュニケーションノウハウの指導
  • 役所対応のノウハウの指導
  • 保育士・スタッフの管理方法指導
その他、運営全般のサポートを行い、開業後もしっかり経営をサポートしてくれるので、新規参入でも安心です。

スクルドアンドカンパニーに小規模認可保育園について相談する>>

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.