保育園の経営・開業について相談するなら? » 開業するならどれ?保育園の種類一覧 » 認証保育所の経営

認証保育所の経営

東京都独自の基準で設置された、認証保育所の特徴と経営にあたっての条件・注意点についてまとめました。

認証保育所とは

認証保育所とは、東京都が独自に創設した制度。現在の認可保育所だけでは応えきれない大都市のニーズに対応するため、2001年よりスタートしました。認証保育所には都独自の認証基準が設けられており、民間企業の参入・事業者間の競争を促進するものでもあるのが特徴。

大都市ならではの多様化するニーズとは

  • 産休明けからすぐに保育園を利用したい
  • 送迎が便利な場所に施設があってほしい
  • 残業などにも柔軟に対応してほしい
  • 自治体など行政に認められた保育園に預けたい

などが挙げられます。そのため、認証保育所は駅から近い立地が原則。認可保育園より開所時間を長くし、残業や退社時間の遅い保護者にも対応しています。

また、すべての施設で0歳児保育を実施しているのも強みです。施設を利用するには自治体を通すのではなく、各保育所に直接申し込みます。

東京都以外で開業するならこちらをチェック!
小規模認可保育園の経営

認証保育所の設置基準

認証保育所の設置基準は、一般的な認可保育園よりもゆるやか。A型(駅前基本型)とB型(小規模、家庭的保育所)の2種類があります。

/ A型(駅前基本型) B型(小規模、家庭的保育所)
入所対象 0~5歳 0~2歳
規模 20~120名 6~29名
施設基準面積
(0・1歳児)
3.3m2 2.5m2
開所時間 13時間
施設基準 認可保育所の基準に準ずる
職員
(保育従事職員)
認可保育所と同様の配置基準。ただし常勤職員(保育士等)は6割以上
施設長 保育士資格を有し、かつ児童福祉施設等の勤務経験を有する者
保育料 自由設定(ただし上限あり)

認証保育所として認められると、自治体による運営費の補助を受けられます(補助対象契約児童数×年齢別補助単価)。

認証保育所を経営するための注意点

東京都認証保育所を開業するには、「保育所を設置する市区町村による東京都への推薦」が必要です。市区町村が「この保育所を認証保育所にして欲しい」と申し出てくれなければ、認証保育所として活動することはできません。推薦があれば、ほとんどの場合で東京都からの認証が下りるようです

認証保育所を開業したいという場合、2つの方法があります。

1つは認可外保育所からスタートすること。認可外は特例を除いて補助金が出ないため、収入は保護者からの保育料のみとなります。しかし、認可外保育所としての活動が認められ、東京都からの立ち入り調査(監査)でもよい評価を得られれば、認証保育所への道も近づくというものです。

もう1つは、実績あるコンサル会社や実績あるフランチャイズに加盟すること。しっかりと面倒を見てくれて文句のない実績がある会社がついていれば、推薦が下りる可能性も高まります。

認証保育所として認められるための条件を踏まえつつ、待機児童の解消・保育の質の向上を目指して経営を行っていくようにしましょう。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.