HOME » 開業するならどれ?保育園の種類一覧 » ベビーホテル・託児所の経営

ベビーホテル・託児所の経営

ベビーホテル・託児所の特徴と、経営するにあたって知っておきたい開業の手続きについてまとめました。

ベビーホテル・託児所とは

託児所とは、保護者に代わって子どもを預かり保育を行う施設のこと。国が定めた児童福祉施設最低基準に沿った保育所には該当しない、認可外保育所となります。

デパート・スポーツクラブ・医療機関等に設置された一時的に子どもを預かる施設から、保育園のように継続して預かる施設まで形はさまざま。基本的に決められた時間子どもを見たり遊んだりするのみで、教育のようなことを行う施設はほとんどありません。

ベビーホテルとは、認可外保育所のうち20時以降も保育を行っている・子どもの宿泊を伴う保育を行っている・利用児童のうち一時預かりの児童が半数以上、のいずれかに該当する施設を指します。

宿泊・夜間保育・任意の時間帯預かりなど、保護者の都合に合わせて柔軟な対応をしてくれる施設が多め。定員は10~20人程度の規模が多いようです。

助成金がもらえる保育施設を運営するなら
小規模認可保育園の経営についてチェック>>

ベビーホテル・託児所開業の手続き

乳幼児を6人以上預かる託児所やベビーホテルは、開業してから1ヵ月以内に各自治体へ届出をする必要があります。東京都の場合は「福祉保健局少子社会対策部子育て支援課」となりますが、各自治体ごとに名称が異なるので市区町村の役所に聞いてみるとよいでしょう。

ベビーホテルの場合は、認可外保育所のうち20時以降も保育を行っている・子どもの宿泊を伴う保育を行っている・利用児童のうち一時預かりの児童が半数以上のいずれかに該当している施設は必ず届出をしてください。

託児所は設置基準などの指導が各自治体からあり、認可外であっても一定の基準を満たしているようであれば、行政からの助成を受けられるケースもあるようです。ただし、ベビーホテルには行政からの助成等はありません

ベビーホテル・託児所を経営するための注意点

いわゆる認可外保育所であるベビーホテル・託児所は、認可保育園などに比べると規制がかなり緩いのが特徴。開業する場所・料金・職員の数から保育の内容まで、すべて経営者が自由に決められます

そのため、ベビーホテルでは狭い保育室に大勢の子どもがギュウギュウ詰めになっていたり、十分な保育が行き届かないなどのトラブルが起きたこともありました。保育事業に携わるという意識の低い経営者もおり、利益だけを目的とした劣悪な環境の施設も多く見られたようです。

そんな背景もあり、ベビーホテルに関しては原則として年に1回以上、事前通告なしの立ち入り調査を実施。子どもを保育するのにふさわしくない施設とされれば、事業の停止・閉鎖を命じられることもあります

認可外であっても子どもを預かる施設であるからには、子どもを健康的に保育するために必要な環境をしっかり整える必要があります。

Copyright (C) 2016保育園経営を助けるFC・コンサルまとめ All Rights Reserved.